忍者ブログ
[72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

3時半頃、cherrycafeでのこと。

初めて来店されたポメラニアンの5歳の男の子。
ひとつ離れたテーブルに着いた。

ちょっと怖がりだということだったが、
思ったより気さくに近付いてきてくれた。

イアルは伏せていたが立ち上がって正面から挨拶。
何事もなく挨拶は終了。
また伏せの状態、あごを床につけた。

その状態でポメラニアンの子が正面から挨拶に来てくれた。
イアルは唸りながら顔を引きつらせ2回ほど威嚇。


次の瞬間、噛み付いた。


ポメラニアンのマズルをくわえ込む形だった。
すぐにリードを引き離した。
その間数秒(だとおもう)。

ちょっと口の中で出血したように見えたので、
すぐに近くの動物病院まで走る。

ここは時間外は受け付けていないようで閉まっていた。
その子のかかりつけの病院はちょと遠かったので、
すぐにいつもお世話になっている病院に電話。
時間外だが診てくれるとのことだったので直行した。

電話で状況は伝えておいたので、
すぐに受付は終了。
数分で診察室に呼ばれた。

その間は待機。
(イアルはcherrycafeで待機)

口の中の出血は止まっているようだった。
他の部分の傷も出血もなし。
眼球等の傷もなかった。
触診等で骨折もないだろうということだった。


ほっとした。


飼い主さんとも和解でき、
連絡先を交換してお別れした。



相手が大型犬だと少しの出血くらいでは、
アクシデントで済まされることもあるかもしれないが、
小型犬だとそれは絶対に許されない。

それは大型犬を飼うにあたっての宿命だ。

誤飲防止のために、
知らないワンコがいたらランから出るという鉄の掟があるのだが、
これからは挨拶をするにもリードのテンションは最大でないといけなくなった。
cherrycafeであろうがMydogであろうが。

イアルは動きにくいかもしれないが、
ここは我慢してもらうしかない。

その前にこちらがまず気をつけなければ。


自戒の念を込めてここに記す。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
OH‥
一大事でしたね;
 ひとまずホッと‥。

まぁ、咬まない犬なんていないですもんね。
大きくても小さくても、猫でも兎でも、咬むときは咬みますし。慣れていても、そうでなくても。
そして咬まれるとたいていは流血。
だって武器だもんね‥。
うちらも何度そらの牙で血を流したことか‥;

お互い『空気を読む』って大事ですね。。。
ポメさんお大事に‥。
香織☆ 2012/09/12(Wed)10:48:08 編集
香織★さん>
噛まない犬はいないけど、
予防線を張ることはできるよな~。
今回はそれが出来なかった・・・。
「お互いに空気を読む」
大切ですな!
<< Next : Home : Back >>
プロフィール
HN:
こーりん
性別:
男性
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[12/25 エルメス 5番街]
[12/25 ロレックス オイスター アンティーク]
[12/25 ロレックス 偽物 電池 液漏れ]
[12/25 オメガ 六地蔵]
[12/25 シャネル スーパーコピー 安心]
最新記事
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
*Powered by NINJA BLOG *Designed by 龍羽風磨
忍者ブログ [PR]